黒門跡

【歴史】【史跡】

黒門跡がある黒門川通りは、現在道路の下が暗渠になっていて大濠公園から博多湾に通じる黒門川が流れています。1988年に暗渠が完成する前は、黒門川の両岸が道路になっていました。

黒門は江戸時代、唐津街道上にありました。黒門から現在の唐人町商店街のアーケードに向かっては黒門橋という橋が架けられていました。当仁風土誌(当仁風土誌編纂委員会著)によれば、橋には欄干があり唐津街道上の重要な橋だったようです。

黒門は、黒く塗られた門で、ちょうど福岡城の内郭と外郭の境界にあたり福岡城の西の入り口でした。江戸時代の頃は黒門川沿いは松並木になっていたようです。現在の黒門跡付近にも松があり、当時の面影が感じられます。

【協力】
郷土史研究家 空 賢司

施設名 黒門跡
種類 史跡
住所 〒810-0062 福岡県福岡市中央区荒戸3-1
TEL  
営業時間  
定休日  
ホームページ  
アクセス 福岡市営地下鉄唐人町駅より徒歩約3分

 ※コロナウイルスの影響により、営業時間、定休日などが記載内容と異なる場合がございます。ご訪問時は、事前に施設にご確認いただきますようよろしくお願いいたします。